リーダーのブログ

市場は川下から?

「市場は川上から攻めろ」とは、古くから言われてきたビジネス界の常識
ですが、こんな例もあります。


コンビニ業界では、ファミリーマートにとってセブンイレブンの背中は遠く、
なかなか追いつくことが出来ません。
ファミマの経営に関与しているのは、商社の伊藤忠商事。
ファミマ苦戦の原因を、あるビジネス誌がこう分析しています。


「川上から川下へと商材を流し込もうという商社の論理は、時として小売り
 の論理に相反する。
 小売りの本分は、消費者の嗜好に合った商品を川下を起点に作ることだ
 からだ。」


納得ですね。
市場を開拓するのは、当然川上から。
しかし、開拓した市場への商品開発は川下を起点に。
まさしく弊社サンライズが実践している戦略です。


今、大手飲食チェーンが軒並み苦戦している原因も、ここにあるんですね。
全国どこで食べても、同じメニューで同じ料金。
地域の特性もサプライズもありません。
効率ばかりを考える本社主導ではなく、もっと川下に権限を委譲しなければ、
将来はないでしょうね。


多忙な時期も一段落して、今日はみんなほぼ定時に上がったようです。
私もそろそろ上がります。
お疲れさまでした〜!

2016年06月02日 18:47 Author:リーダー
コメント:0 トラックバック:0