HOME > 会員サポート > Sun-Netサービス会員規約

Sun-Netサービス会員規約

寮内インターネットサービスSun-Net会員規約
株式会社 サンライズ -Sun-Netグループ-
〒103-0004 東京都中央区東日本橋2-14-1 DKK東日本橋ビル4F
TEL: 0120(336)326 / E-mail: info@sunrise-net.co.jp

第1章 総則

(規約の目的)

第1条 株式会社サンライズ(以下「会社」といいます。)が提供するインターネットサービスSun-Net(以下「Sun-Net」といいます。)を円滑に運営する為、会社は常にサービスの改善に努め、第2条規定の会員(以下「会員」といいます。)は本規約を遵守するものとします。

2. 本規約に別段定めのない事項については、関係法令の定めによるものとします。

(会員の定義)

第2条 会員とは、会社にSun-Netの入会を申込み、会社がこれを認めた個人をいいます。

2. 会員対象者は、会社がSun-Netを提供する住宅の居住者及び関係者とします。

3. 会員は、入会申込みの時点で本規約に同意しているものとします。

4. 会員は、第10条規定の利用料を支払うものとします。

(適用範囲)

第3条 本規約は、会員がSun-Netを利用する際の一切に適用します。

(規約の改訂)

第4条 会社は、必要に応じて、本規約を改訂できるものとし、文書(掲示物を含みます。)又はメールで会員に通知するものとします。

2. 前項通知後1週間経過時点で、会員が了承したものとします。

第2章 運用

(加入期間)

第5条 会員の最短加入期間は、利用開始日から起算して3ヶ月間以上とします。なお、加入期間の指定がない場合は、当年度末日(翌3月31日)までとします。

2. 加入期間終了後の継続利用は、更新確認メールの返信、文書又は電話にて、終了月の前月最終日までに申し入れするものとします。申し入れがない場合は、加入契約終了扱いとなります。なお、加入期間終了日以降の申し入れは新規加入扱いとなります。

(中途解除)

第6条 会員は、退居の場合に限り、加入期間内においても加入契約を中途解除できるものとします。なお、特段の事情があり、会社がこれを認めた場合はこの限りではありません。

2. 会員は、中途解除に際し、解約手数料として1ヶ月分の利用料を支払うものとします。

3. 会員は、解除月の前月最終日までに、HP、メール又は文書にて会社に申し入れるものとします。なお、未払い利用料及び解約手数料並びにその他手数料を、会社の指定する期日までに一括して支払うものとします。又解約月の利用料は、利用日数に拘わらず1ヶ月分を会社の指定する期日までに支払うものとします。

4. 最短加入期間内の解除の際は、3ヶ月分の利用料を支払うものとします。その他委細は前1項2項3項に依るものとします。

(利用停止)

第7条 会員が利用料等の支払いの期日後1ヶ月を経過してもなお履行しない場合、又は第9条に違反した場合は、会社はSun-Netの利用を停止することがあります。

2. 会社がSun-Netの利用停止をする際は、予めその理由、利用停止日を会員に通知します。ただし、会員が第9条に違反し、且つ会社の業務の遂行又は会社の通信設備に著しい支障を及ぼし、又は及ぼす恐れのある場合は、この限りでありません。また、会員が住所・電話番号等の変更連絡を怠った事により通知できない場合には、通知したものとみなします。

3. 前1項のうち、第9条違反者の利用停止期間は、1ヶ月以上とします。

(加入解除)

第8条 第7条により利用停止をされた会員が、なおその事象を解消しない場合、会社はその加入契約を解除することがあります。

2. 会員が会社の業務の遂行に著しい支障を及ぼすと認められるときは、加入契約を解除する事があります。

3. 前1項又は2項が適用された場合、会員は解除月の利用日数に拘わらず、1ヶ月分の利用料及び解約手数料として、利用料の1ヶ月分を会社の指定する期日までに支払うものとします。

(禁止行為)

第9条 Sun-Netの利用にあたり、以下の行為を禁止します。

 (1)会社もしくは他人の知的財産所有権(特許権、著作権等)その他の権利を侵害する行為、又は侵害する恐れのある行為。

 (2)他人の財産、プライバシー若しくは肖像権を侵害する行為、又は侵害する恐れのある行為。

 (3)他人を差別又は誹謗中傷し、又はその名誉若しくは信用を毀損する行為。

 (4)犯罪行為又は此を誘発若しくは扇動する行為。

 (5)わいせつ、児童ポルノ若しくは児童虐待にあたる画像、映像、音声若しくは文書等を送信または表示する行為。

 (6)他人になりすまして本サービスを利用する行為。(偽装をする為にメールヘッダ等の部分に細工を行う行為も含みます。)

 (7)不正に本サービスの設定に関する情報を入手し利用する行為。

 (8)有害なコンピュータプログラム等を送信し、又は他人が受信可能な状態のまま放置する行為。

 (9)他人の電気通信設備の利用若しくは運営に支障を与える、又は与える恐れのある行為。

(10)会社の設備への無制限なアクセス又は大量の電子メール等の送信などにより、その利用若しくは運営に支障を与え、又は与える恐れのある行為。

(11)本人の同意を得ることなく、又は詐欺的な手段(フィッシング詐欺及びこれに類する手段を含みます。)により他人の個人情報を取得する行為。

(12)ファイル交換ソフト等の利用による違法ファイル交換行為。

(13)私的利用の範囲外の営業活動及び営利目的での利用。

2. 会員が前項(7)(12)の禁止行為に違反した場合は直ちに加入解除の上、当年度分の残余の利用料を会社の指定する期日までに一括支払いするものとします。また、既に支払い済みの場合は、会社は一切の返金を行わないものとします。

3. 会員が前項禁止行為に違反して他の会員又は第三者に損害を与えた場合、当該会員がその損害を賠償するものとし、会社は一切の責任を負わないものとします。又、同行為で会社に損害を与えた場合、会社は損害賠償の請求を出来るものとします。

(利用料)

第10条 会員は、Sun-Net開通キット受領日より契約終了月までの別途規定の利用料を、会社が定めた支払契約のいずれかで定められた期日までに支払うものとします。

2. 前項期間中では、第7条の適用する期間においても、その期間中の利用料を支払うものとします。

3. 利用料等が、支払期日を経過してもなお支払われない場合には、会員は、別途督促手数料を支払うものとします。

4. 第6条1項及び第8条1項又は2項適用者において、必要料金を差し引きなお残余金がある際は、これを返金いたします。

5. 利用料等(月額利用料・入会金)には接続料・通信料・メールアドレス使用料の他、第11条記載のサービスが含まれます。その他委細は別途規定に依るものとします。

6. 会社の責任によるシステムダウンや個別のトラブルで、申告のあった日を含む連続5日以上の利用中断状態の場合は、会社は日割り計算で利用料の返金をするものとします。但し、以下の理由によるものは返金対象外とします。

(1) 会員のパソコンに起因するもの又は会員のパソコンや付属機器等の設定ミスによるもの。

(2) 会員又は第三者の故意又は過失による断線や電源の遮断によるもの。

(3) 火災、停電等によるもの。

(4) 地震、噴火、風水害等の天災によるもの。

(5) 戦争、動乱、暴動、騒乱等によるもの。

(6) その他、会社が運用上又は技術上で中断が必要と判断し、予めそれを会員に通知した場合。

7. 前項(1)(2)に該当する場合は、出張料を負担するものとします。

(サービス)

第11条 会社は、会員の利用開始日にパソコンのセットアップ・インストール・ネットワーク設定などの指導及びサポートを必要に応じて行うものとします。

2. 会員が入居当日又は、サービスイン当日よりの利用の場合、会社は前項サービスを開通説明会場にて集合研修の形で行い、当日申し出のある場合は無料で個別対応も行うものとします。翌日以降の個別対応は有料となります。

(個人情報の取り扱い)

第12条 会社は、会員より取得した個人情報等は、会社規定のプライバシーポリシーに基づき、個人情報保護法、及びその他関連法令を遵守し、利用目的の範囲内に限って適正に取り扱い、その取り扱いには厳重な注意を払うものとします

(雑則)

第13条 会員は、居室の移動、退寮、申し込み等契約事項に変更が起きた場合は速やかに届け出るものとします。

2. 会員は、当サービスのメールアドレス・利用権などを、第三者に貸与又は 譲渡はできないものとします。又1契約にて複数人数での使用は厳禁します。違反者は、1年分の利用料を会社の指定する期日までに支払うものとします。なお、会員本人の使用においては、1契約でIPアドレスを1個付与し、2個目以降は別途料金とします。

3. 会員の故意又は過失によるレンタル機器等の破損、紛失等の際は、当該会員が相当額を負担するものとします。

4. 会員がSun-Net又はSun-Netを通じて、他のサービスを利用することにより発生した損害について、会社は一切の責任を負わないものとします。又第三者に与えた損害については、当該会員が自己の責任により解決するものとし、会社は責任を負わないものとします。

附則:この規約は2000年4月1日から適用するものとします。 2005年12月1日一部改訂 2006年12月1日一部改訂 2007年6月28日一部改訂 2008年1月7日一部改訂

プライバシーポリシー

【個人情報保護に関する基本的方針】

    株式会社サンライズ(以下「会社」といいます)は、個人情報の保護の重要性を認識し、個人情報保護に関するコンプライアンス(法令遵守)を徹底して安心・安全なサービスを提供し、皆様に信頼される企業であるべく、以下の基本的な方針に従い個人情報の保護に努めてまいります。

1. 会社は、個人情報の保護に関する法令を遵守し、個人情報を適正に取り扱うよう努めてまいります。

2. 会社は、サービスを提供するために必要な個人情報のみを取得し、あらかじめその個人情報の利用目的を明確に定めるとともに、その利用目的の達成に必要な範囲内で適正に個人情報を取り扱います。 また、個人情報を正確かつ最新の内容に保つよう努めます。

3. 会社は、個人情報の保護に関する教育研修等を実施し、これを役員、従業者及び委託業者に周知徹底するとともに、監督・管理いたします。

4. 会社は、個人情報への不正なアクセス、又は個人情報の漏洩、滅失及び棄損等の防止のため、適切な安全管理及び予防措置を講じます。

5. 会社は、個人情報の取扱いに関するお客様からのご意見、ご相談等に対して適切に対応します。

【個人情報の取り扱いに関する方針】

    会社は、Sun-Netを提供するため取得した個人情報については、以下の通り取り扱いいたします。

1. 個人情報の取得と利用目的

(1) お客様のSun-Netへの入会及び、その他会社の関連サービスの提供に際して取得した個人情報は、以下の利用目的に基づき、業務の実施に必要な範囲内で利用いたします。

  ・ お客様の本人確認

  ・ サービスの提供開始・変更・解除、それに伴う工事作業

  ・ サービスの料金の計算及び請求

  ・ サービスの品質改善・CS(顧客満足度)向上などの為の施策(アンケート調査を含む)の実施

  ・ サービス及び商品の紹介、提供

  ・ サービスの提供に関わる設備等の管理及び改善

  ・ その他サービスに関わる業務の実施に必要な範囲内

(2) お客様とのサービスに係わる契約が解除された後においても、前項の利用目的の範囲内で個人情報を利用する事があります。

2. 個人情報の開示

(1) 本人の同意なく、第三者に個人情報を開示する事はいたしません。 ただし、以下に該当する場合はこの限りではありません。

  ・ 裁判所や警察等の公的機関から法令に基づき正式な照会を受けた場合

  ・ 人の生命、身体、及び財産の保護の為に緊急の必要性があり、本人の同意を得る事が困難な場合

(2) 前項他、個人情報保護法、電気通信事業法及びその他の関連法令の規定に従い、第三者に提供する事があります

(3) 個人情報保護法第23条第4項第1号の規定に基づき、業務を委託する他の事業者に対して提供することがあります。

【お問い合わせ窓口】

    ご提供頂いた個人情報に関するご確認・ご質問等については、下記窓口へお問い合わせください。

個人情報保護担当

E-Mail:info@sunrise-net.co.jp